Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国は山へ行くと寺があります。

韓国観光

韓国は山へ行くと寺があります。

日本では、お寺は、町の中にありますよね。

韓国では、お寺と言えば、山の中です。

ソウル市内にも、有名なお寺がいくつかありますが、

それはむしろ例外で、お寺と言えば山、山と言えばお寺のイメージです。

 

その理由ですが、

韓国は、「조선시대(李氏朝鮮時代)」に、国としては、仏教をやめ、儒教をとったからです。

仏教をやめたと言っても、お坊さんの中には、仏教信仰の強い人たちもいました。

その人たちは山奥に逃げて、信仰を続けました。

そのため、韓国では「寺」と言えば「山奥」に残ったものになりました。

 

설악산(雪岳山・ソラクサン)エリアにもいくつか寺がありますが、

中でも、「전두환(チョンドゥファン・全斗換)大統領」が死刑判決を受けたあと

流配された「백담사(ペクタムサ・白潭寺)」が一番有名です。





설악산(雪岳山)エリアは広いので、一般的には

「설악산소공원(岳山小公園)などのある東側(海側)を「외설악(外雪岳)」

西側(内陸側)を「내설악(内雪岳)」と言っていますが、

「백담사(ペクタムサ・白潭寺)」は「内雪岳」側になります。



山門にも『内雪岳白潭寺』とあります。

ここは車がないと、行きにくいです。

 

설악산(雪岳山・ソラクサン)エリアで、一番行きやすいのは、

「설악산소공원(雪岳山小公園)」近くの「신흥사(シヌンサ・新興寺)」です。



 

「소공원(小公園)」から山門をくぐって少し行くと、大仏があります。



『설악산 신흥사 통일대불(雪嶽山 新興寺 統一大仏)』と言います。

南北統一を祈願して、1987年に作られました。

ちょっと「鎌倉大仏」っぽいでしょうか?

小川を越えると、左手に寺が見えます。



創建自体は古いのですが、何度か火事にあい、一度廃寺になったあと、1934年に再建されました。

そのため、今ある建物は、それほど古くありません。

1847年のものだそうです。



「설악산(雪岳山)」を背景にすると、きれいな写真が撮れます。

この角度の写真は、きれいに写真が撮れるスポットとして有名です。

紅葉の時期には、たくさんの人が、ここで写真を撮っています。

 

신흥사(新興寺)の前の道をそのまま上がっていくと、

「흔들바위(揺れ岩)」「울산바위(蔚山岩)」に行きます。

このコースも、登山コースのひとつです。

ブログ一覧