Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ソウルの高尾山、冠岳山に登ってみましょう。

韓国観光

ソウルの高尾山、冠岳山に登ってみましょう。

韓国人には登山が好きな人が多いです。

そのため、週末になると、人気の登山コースは大混雑します。

 

ソウル市内から近くて、簡単に登れる山としては、

「관악산(冠岳山・クァナクサン)」が有名です。

標高632メートルですから、

東京近郊の高尾山(599メートル)より、ちょっと高いだけです。

 

でも、高尾山のようにケーブルカーもないし、道もそれほど整備されていないので、

登るのは少し大変です。

 

「관악산(冠岳山)」登山のスタートは、ソウル大学の隣の「만남의광장(待ち合わせ広場)」

「시계탑광장(時計塔広場)」です。

ここには、週末になると、本当にたくさんの人が来るので、

その人たちを見るのも面白いと思います。

 

おじさんやおばさんたちは、みんな同じような登山スタイルをしています。

「관악산(冠岳山)」は、それほど本格登山のかっこうじゃなくても十分なんですけど、

韓国人は、まずスタイルが大事です。

 



登山コース入口です。左側がソウル大学です。



「관악산공원(冠岳山公園)」とあります。



はじめは平坦で整備された道です。



20分くらいで「호수공원(湖公園)」があります。

隣はまだソウル大学です。



公園を過ぎて、上りになります。



こんな感じで、少しずつ登っていきます。



水飲み場はあちこちにありますから、手ぶらでも登れます。

このような湧き水を、韓国では「약수(薬水)」と言います。

「약수(薬水)」をペットボトルやポリタンクに入れて、自宅に持って帰る人も多いです。



上のほうに上がっていくと、だんだん険しくなってきます。

ロープにつかまって登ります。

岩を上るのが韓国の山の特徴かもしれません。



たしか以前は、この近くに「店」が出ていたのですが、いまもあるかわかりません。

そのときは「マッコリ」も売っていました。

韓国のおじさんやおばさんにとって、登山と酒はセットです。



更に、上のほうに上がると、ソウル市内の景色が見えてきます。



頂上の印です。みんなここで記念撮影をします。



頂上近くの絶壁の上に「연주대(戀主臺〔恋主台〕)」という寺(の施設?)が建っています。

667年に創建され、その後1392年に重建されたとあります。

寺ですから、歩いていけば中に入れます。

 



頂上近くの気象観測所です。

韓国ではじめて気象レーダーが導入された所として知られています。

ここも中に入ることができます。



ソウル市の眺めはこんな感じです。

 



もう少し「사당(舎堂)」のほうに歩いていくと、한강(漢江・ハンガン)も近く見えてきます。



そして、更に行くと、「한반도지도바위(韓半島地図岩)」と呼ばれる岩があります。

半島に見えますか?



そして、「관악문(冠岳門)」と言われる岩の下をくぐったりします。

 

「관악산(冠岳山)」の登山コースもいくつかありますが、

一般的なのは、ソウル大学から「사당(舎堂)」に抜けるコースです。

「사당(舎堂)」は、地下鉄2号線と4号線が交わるところです。



下の真ん中から登ります。左側がソウル大学です。

このコースで、だいたい3時間半から4時間くらいです。



ソウル大学正門です。

頂上が見えていませんが、左奥が冠岳山です。

 

一般的な観光コースではありませんが、こんなソウル観光はいかがでしょうか?

 

ブログ一覧