Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//病院の面会時間が制限されるようになりました。

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

病院の面会時間が制限されるようになりました。

韓国の病院に入院すると、大部屋では静かに過ごすことが難しいです。部屋にひとつあるテレビは、いつもつけっぱなし、患者には必ず保護者(大人でも保護者と言います)がいますし、看病人(付添人)がいたり、面会に来る人も多く、いつも、ざわざわした雰囲気です。

それが、最近は、ずいぶん変わりました。もちろん、今は、コロナの影響で面会は制限されるのですが、3~4年前から、ソウル市内でも、大学病院などでは面会時間を制限するようになりました。

面会文化 改善 キャンペーン
病室 面会 制限 案内

また、地方都市では、都市全体で一斉に制限を始めたところもあります。入院患者の面会時間は、平日は夕方の2時間、土曜日曜は、昼間2時間と夕方2時間というところが多く、簡単に言うと、日本のようになっているわけです。ただ、保護者はいつでもOKというのが一般的です。

保護者証とか、面会証を首からぶらさげなければならない病院も増えています。

また、病室には、看病人もいますし、患者が6人でも、だいたい、いつも、その2倍以上の人がいます。それでも、以前に比べるとだいぶ静かで、落ち着いて入院できるようになりました。

目次

病院の面会時間が制限されるようになりました。

韓国の病院では、入院病棟の面会時間が、制限されていませんでしたが、最近は、だいぶ制限されるようになりました。それでも、保護者は、いつでも面会可能なので、病室に人がおおぜいいいる様子は、日本とはかなり違います。

ブログ一覧