Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//夜中に病院の救急に行く人がたくさんいます。

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

夜中に病院の救急に行く人がたくさんいます。

日本で夜中に、病院の救急へ行ったことがありますが、

人も少ないし、待たされるし、

大学病院なのに「電話してから来ないと担当医がいないことがある」とか

いろいろ面倒くさいし、ちゃんと診てくれないし、

なんか救急の意味がない感じがしました。

だから日本人はあまり救急に行かないのでしょうか?

 

以前、インフルエンザにかかったときは、まったく動けなくなって、

看病に来た義理の母が救急車を呼んでくれたのですが、

病院に着いてから診察まで3時間待たされました。

 

救急の意味がまったくありませんでした。

 

義理の母が薬だけでも出してくれと看護師に言ったのですが、

診察してからじゃないと出せないと言うだけで、

結局、3時間病院のいすで横になっていました。

 

韓国では、夜中に응급실(応急室・救急)に行く人がたくさんいます。

大学病院の응급실(応急室・救急)は、本当に賑わっている(?)感じです。



もちろん、昼のほうが、断然多いですが、夜でも、がらがらということはありません。

看護師は、忙しくばたばたしています。

 

韓国人はあまり我慢をしないからかもしれませんが、

病院の夜中の救急の風景は、ずいぶん違います。

目次

夜中に病院の救急に行く人がたくさんいます。

夜中に突然どこかが痛くなっても、日本人は翌朝まで我慢してから、病院に行くみたいですが、韓国人は、痛くなったら、すぐに病院に行きます。

ブログ一覧