Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//親を老人ホームに入れるのは、親不孝です。

韓国の暮らし

親を老人ホームに入れるのは、親不孝です。

お年寄りが、一人で身の回りのことができなくなると、介護が必要ですよね。

以前は、自分の子供や、長男の嫁が、親の世話をするのが一般的でした。

しかし、最近は、核家族化が進み、

また、共働きの夫婦も増え、親の介護をする人が、急激に減っています。

 

それに伴い、韓国の요양원(療養院・老人ホーム)の数は、

2010年の2281所から、2017年の3810所と、急増しています。

2020年には、2010年の2倍以上になると予想されています。



요양원(療養院)は、요양병원(療養病院)とも言います。

以前は、요양원(療養院・老人ホーム)と言えば、田舎にあるイメージでしたが、

最近は、ソウルや釜山などの、街中に、どんどんできています。

そのほうが、お見舞いにも行きやすいですし、

何かあった時に、すぐに駆けつけることができるためです。




質の悪い요양원(療養院・老人ホーム)は、雑居ビルの中に入っています。




韓国の요양원(療養院・老人ホーム)のイメージは、とても悪いです。

요양원(療養院・老人ホーム)に親を入れるのは、ちょっと大げさに言うと、

合法的姥捨てです。

 

もちろん、そうではない、高級요양원(療養院・老人ホーム)もあるようですが、

一般的には、요양원(療養院・老人ホーム)に入ったら、

あとは、死ぬのを待つだけです。

 

待つというより、요양원(療養院・老人ホーム)に入った老人たちは、

こんな所で、こんなふうに生きているくらいなら、早く死にたい

と思うようになるそうです。

 

認知症や、あるいは、脚や腰が悪くて、一人で立って歩けなった時には、

요양원(療養院・老人ホーム)に入ります。

家で、介護ができれば一番ですが、面倒を見る人がいません。

 

そのため、結局、요양원(療養院・老人ホーム)に入れます。

家族が1日24時間介護をするのは無理な時代になりました。



요양원(療養院・老人ホーム)は、病院と同じように、

大部屋にベッドがいくつかあるだけです。

一日中、テレビがついています。

基本は、病院と同じです。



個室もありますが、お金がかかります。

요양원(療養院・老人ホーム)に入っても、看病人と呼ばれる人を雇わなければ、

結局、一人で歩けないので、ベッドで寝ているだけです。

大小便もベッドでします。

看護婦たちは、面倒なので、管をつなげて、

ベッドで済ませられるようにしてしまいます。

 

ひどい場合は、ベッドから落ちると危ないという理由で、

ベッドにひもで結んでしまいます。

そうなると、何もできません。



夕食は、5時過ぎに来ます。

夕食食べると、何もすることがありません。

夜、寝られない場合は、看護婦が、点滴などに眠り薬を入れて眠らせます。

この眠らせる薬を多用すると、頭が、痴ほう症の老人と同じようになるそうです。

 

ですので、韓国では、自分の親を요양원(療養院・老人ホーム)に入れるというのは、

とても親不孝です。

 

でも、実際には、お金の問題もあって、

他に方法がない、どうしようもない、という人も多いようです。

 

高級요양원(療養院・老人ホーム)の宣伝です。





療養病院

親不孝ではなく、親孝行です。

 

こんな宣伝があるということが、

요양원(療養院・老人ホーム)が親不孝と思われている証拠ですよね。

 

ちなみに、一般の요양원(療養院・老人ホーム)は、

都市部だと、一番安くて、月に100万ウォンくらいからです。

100万ウォンの요양원(療養院・老人ホーム)は、看護婦の質も低くなります。

ブログ一覧