Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】全国どこへ行ってもチキン屋だらけです。

韓国の暮らし(1)【食事・食べ物】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】全国どこへ行ってもチキン屋だらけです。

韓国人は、チキンをよく食べます。だいたいフライドチキン(후라이드치킨)、そして味付けチキン(양념치킨)です。
子供たちも大好きですし、大人たちは、ビールといっしょに食べます。チキン(치킨)とビール(맥주)で、最近は(치맥)と言いますね。

新大久保にも、韓国のチキン屋が増えていますが、韓国では、街のあちこちにチキン屋があります。私の両親の住む家の近くにも、

ファーストフード系(?)チキン屋です。


飲み屋のチキン屋です。チキンにはビールが合いますよね。


ここも飲み屋のチキン屋です。



ここは、配達(배달)もあるチキン屋ですね。新大久保にもチェーンの店舗があります。


バーベキューチキンです。飲み屋ですね。


おやつのチキン屋です。


有名なチェーン店です。ここも飲み屋です。配達もしています。地下鉄の駅や市場のほうをちょっと歩いただけで、8軒ありました。それだけ需要(수요)があるということなんです。韓国にもKFC(ケンタッキーフライドチキン)がありますが、それほど人気はありません。韓国オリジナルのチェーン店が人気です。とにかく、街中はチキン屋だらけです。韓国では、街に多いお店の象徴が、コーヒーショップとチキン屋です。そんなチキン屋が、韓国では、今、全国に3万軒以上あるそうです。飽和状態(포화상태)です。

ソウルや釜山などの大都市では、半径100メートルちょっとに1軒の割合でチキン屋があります。商圏人口で見ると、大都市では2千人、田舎では千人、全国平均1600人だそうです。

そこに1600人の人が住んでいれば、チキン屋が一軒、商売(장사)成立です。すごくないですか?

チキン屋がますます増えているのは、韓国人にとって、チキンがおいしい、チキンの味が好き、というのもありますが、出前好きの韓国人にとって、チキンは出前してくれるのも大きいと思います。韓国では、出前と言えば中華とチキンです。私の妹もチキンが大好きで、しょっちゅう出前を取って食べています。

なので、韓国人は、日本人より、きっと、たくさんチキンを食べているのではないかと思ったのですが、韓国人の鶏肉消費量(소비량)は、調べてみたら、日本とだいたい同じくらいでした。1人当たりの年間消費量は、韓国人も日本人も約11kgです。韓国では、チキンと言えば、フライドチキンですが、日本では、いろいろな料理で鶏肉を食べるからでしょうね。

ちなみに、牛肉は、韓国人が約9㎏、日本人が約8㎏でほぼ同じ、豚肉は、韓国人が約20㎏、日本人が約11㎏で、大きな差がありました。別に、韓国人が、年がら年中サムギョプサル(삼겹살)を食べているわけではありません。テジカルビ(돼지갈비)もありますし、ボッサム(보쌈)もありますし、いろいろあります。

 

単語のおさらい


후라이드치킨 フライドチキン
양념치킨 味付けチキン
맥주〔麦酒〕ビール
배달〔配達〕出前、配達
수요〔需要〕
포화상태〔飽和状態〕
장사 商売
소비량〔消費量〕

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

羊肉のお店も多いです。

目次

韓国語を学んでみましょう。

さあ、韓国語を学んでみましょう。
まずは、少しだけでいいです。興味を持ってはじめてみることが大事です。
はじめは、ハングル文字、そして、発音からです。ハングル文字は、発音記号です。母音が10個、子音が14個、合わせて24個を覚えてしまえば、ハングルは読めるようになりますから、まずは、文字から、学習しましょう。YouTubeもありますので、発音を確認しながら、学習してみてください。
そして、どんどん興味が出てきたら、本格的に学んでみましょう。
韓国語講座へ

ブログ一覧