Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ツナ缶をたくさん食べます。

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

ツナ缶をたくさん食べます。

韓国人は、ツナ缶をたくさん食べます。

マート(スーパー)へ行くと、ツナ缶がたくさん並んでいます。


缶の大きさは、150~160グラムが一般的です。

日本のは、100グラムが一般的のようですね。



 

また、韓国のツナ缶には、고추참치(唐辛子ツナ)とか



야채참치(野菜ツナ)、불고기참치(ブルコギツナ)、짜장참치(チャジャンツナ)などもあります。

 

韓国では、ツナ缶は、料理の万能素材です。

玉子料理がいろいろあって、料理にいろいろ使えるように、

ツナも、そのまま食べてもおいしいですし、料理にもいろいろ使えます。

本当に万能で、辛ラーメンに入れて食べても美味しいです。

 

そんなわけで、韓国人は、ツナ缶をたくさん食べています。

韓国人のツナ缶の1人当たりの消費量は、1年間に160グラムのツナ缶75個です。

日本人のツナ缶消費量は、1年間に510グラムだそうですから、

韓国人は、日本人の23.5倍、ツナ缶を食べている計算になります。

 

ただ、私の妹は、日本のツナ缶のほうがおいしいと言います。

韓国のは、パサパサしていて、おいしくないと。

そのため、そんな妹へ、最近の日本のお土産は、コストコで買うツナ缶です。

日本のは、そのまま食べてもおいしいそうです。

 

きっと、韓国のツナ缶は、料理用なんですね。

だから、そのまま食べてもおいしいように、고추참치(唐辛子ツナ)とか、

いろいろ出てるのかもしれません。

目次

韓国人は、ツナ缶をたくさん食べます。

韓国人は、ツナ缶をよく食べます。年間の消費量は、日本人の20倍以上です。

ブログ一覧