Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国では、映画は国民的な娯楽です。

韓国の暮らし【映画・音楽・テレビ】

韓国では、映画は国民的な娯楽です。

韓国人は映画が大好きです。韓国人に「趣味は何ですか」と聞いたら、2人に1人は「映画」と答えるはずです。デートでも映画は定番です。「映画はあんまり好きじゃないですから」なんて言ったら、恋人も友達もできません。話題の映画を見てないのは、韓国では変人になります。

私も映画が大好きなのですが、日本では映画があまり人気がないので、びっくりしました。韓国なら、人気の映画がはじまったらチケット取るのが大変ですが、日本ではいつでも余裕で見られます。

例えば、世界的大ヒットのディズニー映画『アナと雪の女王2』を、私は、日本で、公開3日目に見たのですが、映画館はがらがらでした。日曜の夜だったからかもしれませんが、あまりに人がいなくて、びっくりしました。それでも、最終的には観客数1000万人を超える大ヒットを記録しましたが、

韓国では、歴代6位の観客数1350万人を記録しています。

日本は人口が1億2800万人で、韓国は人口5000万人弱です。韓国の人口は日本の40%弱しかいません。

単純計算で、韓国では、赤ちゃんからお年寄りまで含めた全人口の27%が『アナと雪の女王2』を見に映画館に行った計算です。日本では、『アナと雪の女王2』を見に映画館へ行った人は、人口の8%弱ですから、韓国では、どれだけみんなが話題の映画を見に行くかわかると思います。

韓国人は、平均すると、年間に、1人当たり約4.12回、映画館に映画を見に行きます。日本では、1人当たり約1.2回ですから、韓国人は日本人の3倍以上見ている計算になります。

国家別1人当たり年間映画観覧回数

韓国の中でも、ソウルだけに限ると、ソウル人は、年間、平均6回映画を見ています。

2014年人口1人当たり平均映画観覧上位5大都市 ソウル、ロンドン、パリ、トロント、シドニー

2020年に、韓国映画の『기생충(寄生虫・パラサイト)』が、アカデミー賞の作品賞など、よっつを受賞しましま。快挙です。

この映画は、韓国内でも観覧客数1000万人を超える大ヒット作品でした。

このような、アカデミー賞を受賞する作品が韓国で生まれる背景には、映画に対する国民的情熱があるからではないか、と私は思います。そのあたりが日本と違うように思います。

目次

韓国では、映画は国民的な娯楽です。

韓国では、大ヒット映画は、みんなが見に行きます。デートも映画が定番です。韓国には、映画に対する、国民的情熱があり、その情熱が、優秀な作品を生み出すエネルギーになっています。

ブログ一覧