Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//新聞は縦書きに変わり、印鑑はサインに変わりました。

韓国の暮らし【生活習慣・一般常識】

新聞は縦書きに変わり、印鑑はサインに変わりました。

私が子供の頃は新聞には漢字がたくさんありました。日本のように漢字ハングル交じりでした。でも今は漢字は使いません。ほとんどハングルだけです。そして、日本のように新聞は縦書きでした。

もっと昔は、本も全部縦書きでした。でも、今は全部横書きに変わりました。

日本は今も縦書きですよね。ですので、一般の韓国人は日本の縦書きを「古い」と感じます。

また、韓国も昔は「はんこ」を使っていました。でも、今はまったく使いません。「はんこ」はコンピューターでいくらでも偽造できるからです。今は、みんなサインです。以前は、銀行で口座を開く時には、印鑑が必要でしたが、今は、銀行口座もサインです。ですので、日本が今も「はんこ」を使っているということを、一般の韓国人は理解ができません。

そんな韓国人ですが、正月は今も「旧正月」で祝いますし、年齢も数え年です。誕生日を旧暦で祝う人も多いです。役所への届けは新暦でも旧暦で祝います。旧暦だと毎年新暦で何月何日かチェックしなければならないからけっこう面倒くさいんです。これはきっと日本人から見たら「古い」ですよね。

何が伝統で何が文化なのかの判断は、とても難しいと思います。

目次

新聞は縦書きに変わり、印鑑はサインになりました。

韓国も、以前は、日本のように、新聞は縦書きでした。漢字もたくさん使っていましたが、今は、漢字はほとんど使わず、横書きに変わりました。印鑑も、今はほとんど使われず、ほとんどサインになりました。

ブログ一覧