Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国には、雄弁大会があります。

韓国の暮らし【教育・学校】

韓国には、雄弁大会があります。

韓国の幼稚園や小学校、中学校などの行事は、日本と似ているものが多いのですが、韓国にあって日本にないのが웅변대회(雄弁大会)です。

雄弁大会というのは、要するに、スピーチ大会です。ひとりひとりステージに立ち、その日のテーマで演説をします。「私が望む清廉な世の中」とか、「学校暴力を追放しよう」とか、「立派な人物になる道」とか、幼稚園生でも「みなさん夢を持ちましょう」とか、理想的で素晴らしいことを語ります。そして、最後に大きな声で「わたし、○○(自分の名前)は、声を上げて主張します」などと叫びます。

このポーズで叫びます。

韓国では、幼稚園から大人まで、雄弁大会はあります。

小さい子供も頑張ります。


優秀者には、トルフィーがあります。

最後のポーズでは、皆、必死に叫びます。

中には、こんなポーズの人もいますが、


やはり、この、両手を広げたポーズが一般的です。この子は、なかなか決まっていますね。

政治家たちも、演説の最後のポーズは、雄弁大会と似ています。


そして、雄弁大会は、北朝鮮にもあるようです。北朝鮮にもあるということは、戦前の日本に、雄弁大会があったということでしょうか?


北朝鮮の大会では、韓国よりも、もっと大きく叫ぶようです。

そして、韓国では、雄弁大会のために、웅변학원(雄弁学院、雄弁塾)もあります。消極的で内向的だと、いじめられやすいですから、消極的な性格の子を積極的な子にしようと親が通わせるケースが多いです。


塾で鍛えられた子は、雄弁大会で賞を取ることが多くなって自信感も生まれます。

目次

韓国には、雄弁大会があります。

韓国の学校行事は、日本と似ているものが多いのですが、日本にないのが、雄弁大会です。雄弁大会では、スピーチの最後に、両手を広げ、大きな声で主張をします。

ブログ一覧