Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//火病にかかる人が増えています。

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

火病にかかる人が増えています。

화병(火病)という言葉を聞いたことがありますか? 病気の名前ですが、世界でも韓国人しかかからない病気です。「怒る」とか「頭に来る」ことを、韓国語で「화가 나다(火が出る)」というのですが、その「怒り・火」が体にたまって病気になることです。

韓国では「怒りがたまると病気になる」と言います。日本人みたいに我慢ばかりしていたら、韓国人はみんな死んでしまいます。화병(火病)の症状はいろいろですが、胸のつかえがとれず、体のあちこちがずきずきと痛み、ひどい頭痛を伴います。ひどい時には、死んでしまう人もいます。今、そんな화병(火病)の患者が、年間10万人を越えるそうです。

最新の統計も、傾向は変わっていません。

これは、景気が悪いことも関係があると思います。화병(火病)にかかるのは、40代、50代の人が多く、男性よりも女性が多いそうです。つまり、中年のおばさんたちが、화병(火病)に一番かかりやすいということです。

しかし、最近は、10代、20代の、若い人たちの中で화병(火病)にかかる人が増えています。
これも、社会環境と大きく関係があります。今の若者たちが、それだけストレス社会に生きているわけです。

화병(火病)にかかったら病院に行くのが一番です。薬を処方してもらって怒りを鎮めます。また、漢方で怒りを鎮め、화병(火病)を治す方法もあります。


漢方の病院の広告です。

「火」は「怒り」「ストレス」の意味で、燃える炎ではありません。でも、根本的には、ストレスをためないよう、日ごろから、運動などで気持ちを発散させるのが一番のようで、その意味でも、特に、中高年の人は、日ごろから運動をするよう医者たちは勧めています。

目次

火病にかかる人が増えています。

火病というのは、世界でも、韓国人しかかからない病気です。韓国人は、怒りをためると病気になります。そして、ひどい場合には、火病で死んでしまいます。

ブログ一覧