Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//沐浴斎戒という風習があります

韓国の暮らし【正月・秋夕(チュソク)】

沐浴斎戒という風習があります

설(お正月)は、韓国では一番の名節ですが、最近は제사(祭祀)を行う家も減り、代わりに旅行に行く人たち が増え、お正月の過ごし方も、すこしずつ変わってきています。お正月には、さまざまな風習があるのですが、その中に목욕재계(沐浴斎戒)というのがあります。これも最近は少なくなりましたけど。

목욕재계(沐浴斎戒)というのは、お正月を迎えるにあたって、心身ともに清めるために대중목욕탕(大衆沐浴場・銭湯)へ行って、体と、そして、心をきれいにすることです。

インド人が、ガンジス川で沐浴して心や体を清めるのも、韓国語では목욕재계(沐浴斎戒)です。90年代のはじめくらいまで、대중목욕탕(大衆沐浴場・銭湯)は、正月の連休が一番お客さんの多い、書き入れ時でした。

正月前に、새해맞이(新年迎え)목욕재계(沐浴斎戒)にも行きますし、久しぶりに家族に会い、祖父母と孫たちが、いっしょに대중목욕탕(大衆沐浴場・銭湯)に行きました。そして、お互いに背中のアカスリをしたりして、スキンシップをしたのですが、そんな風習も、今の若い人たちにとっては過去のものになってしまいました。

目次

朴浴斎戒という風習があります。

正月の前に、心も体も清めるため、銭湯へ行く風習がありますが、最近は、少なくなりました。

ブログ一覧