Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//お年玉は新札であげます。

韓国の暮らし【正月・秋夕(チュソク)】

お年玉は新札であげます。

以前は、それほど気にしなかったのですが、最近は、お年玉は新札で渡すのが礼儀のようになりました。そのため、旧正月前の銀行は、新札交換に訪れる人たちで大混雑します。窓口を別に用意したりするほどです。

貨幣(紙幣)交換要請書を作成後 中側 突き当たりの窓口へいらしてください

一人で、何百枚も交換を要請する人がいるため、一人当たりの交換枚数を制限しています。

それでも、たくさん交換したい人たちは、特に、その銀行に通帳がなくても交換してくれるので、あちこちの銀行を回って、たくさん新札に交換したりします。

また、最近は、結婚式の祝儀金も新札で渡すのが当たり前となりましたが、正月のように新札交換する人が短期間に集中するわけではないので、特別な窓口はありません。もちろん、新札のほうが、もらった時、なんとなく気分はいいですが、最近の、あまりの新札崇拝に、これは社会的な浪費ではないか、という声も起きているほどです。以前は、汚くてぐちゃぐちゃな札でなければ、もらうほうも別に気にしなかったのですけど。

もちろん、今も気にしない人もいますけど、気にする人たちに、マナーがないとか、あれこれ陰で言われるのは嫌なので、皆、新札に交換するようになりました。

目次

お年玉は新札であげます。

以前は、新札でなくても、汚くてしわくちゃでなければ、誰も気にしなかったのですが、最近は、お年玉も、結婚式の祝儀も、新札であげるのが礼儀になりました。

ブログ一覧