Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//働いている人は、両親にもお年玉をあげます

韓国の暮らし【正月・秋夕(チュソク)】

働いている人は、両親にもお年玉をあげます

お正月には「세뱃돈(お年玉)」があります。これは日本と同じですね。「세배」は漢字では「歳拝」と書きます。意味は「新年のあいさつ」です。「세뱃돈」は「新年のあいさつのお金」という意味ですから、子供たちにはちゃんとあいさつをしたらあげます。

両手を上にあげて、それからそのまましゃがんであいさつします。男の子と女の子で上にする手が違います。韓国のお年玉の相場は、小学生なら1~3万ウォン(約千円~3千円)、中学生なら3万~7万ウォン(約3千円~7千円)くらいです。お金持ちの家庭ならもっと多し、そうでない家庭だともう少し少ないかもしれません。韓国では、祝儀などは、1、3、5、7、10と、奇数にするのが普通です。10は1が奇数だから奇数と考えます。日本と同じですか?

お年玉をもらうのは、普通は高校生までですね。そして、お正月には、お年玉だけでなく子供たちに服を買ってあげます。昔は新しい한복(韓服、伝統服)を買うのが普通でした。子供は毎年大きくなりますから、年に一度新しいのを買いました。でも、最近は한복(韓服、伝統服)を着る機会は少ないので、別のちょっといい服を買うことが多いようです。これを「설빔」と言います。「설」は「正月」、「빔」は辞書では「晴れ着」と出ています。ですから、「正月の晴れ着」という意味ですね。上の写真で子供たちが着ているのが「설빔」です。

また、韓国では、子供たちにいろいろあげるだけでなく、自分が働くようになったら自分の両親にもお年玉を渡します。これは少なくとも10万ウォン以上ですね。「これで何かおいしい物食べて」という感じです。

お年玉だけでなく、毎月毎月とか、ボーナスもらったときとか、あるいは、親のほうで出費が多くて大変そうな時は、成人した子供たちは親にお金をあげるのが普通です。

日本で働いている韓国人は、一時帰国した時に、自分の親にたくさんお金をプレゼントしています。もちろん親のほうも、子供に何かあってお金が足りないと思ったら、どんどん援助します。親から援助してくれると言われても、普通は、大丈夫だよ、と言って断りますが、親のほうがお金を借りてでも何とかしようとします。親から子供への援助と、子供から親への援助がそれぞれあって、これを計算してみたらプラスマイナスでゼロになるとしても、韓国では、このやりとりが大事です。お金に気持ちが入っているので、これは気持ちのやりとりでもあります。そして、なにより韓国人にとっては、家族のことは自分のことと同じように、あるいはそれ以上に大事だからです。

目次

働いている人は、両親にもお年玉をあげます。

韓国では、大人が子供にあげるだけでなく、働くようになったら、自分の両親にも、正月には、お年玉をあげます。

ブログ一覧