Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//旧正月には「떡국(トックク)」を食べます。

韓国の暮らし【正月・秋夕(チュソク)】

旧正月には「떡국(トックク)」を食べます。

韓国では、설날(旧正月)には「떡국(トックク)」を食べます。「떡」は「おもち」、「국」はスープですから、「떡국(トックク)」は「おもちスープ」ですね。

韓国にいる時は、毎年母の作る「떡국(トックク)」を食べました。でも、ここは日本ですから、私は「떡국(トックク)」を食べることは、特別意識していないのですが、旧正月に韓国人と会うと、「떡국 먹었어요?(トックク食べましたか?)」と聞かれることがよくあります。それだけ「떡국(トックク)」を食べることは、旧正月には欠かせない行事なんです。

「떡국(トックク)」は、とてもシンプルな料理です。ここに肉をのせて食べるのが、昔は最高のぜいたくでした。そのため、正月には「肉入り」の「떡국(トックク)」を食べることも多いです。

「おもち」は、今は特別なものではありませんが、昔々、조선시대(朝鮮時代)〔李氏朝鮮時代〕までは、一般の人はお米を食べるのもやっとで、おもちはとても高級なものでした。ですから、正月の特別なときにだけ、おもちや肉を食べることができました。日本と似ていますね。

でも、そのうち「おもち」が普通に食べられるようになると、いつでも食べられる料理になりました。今では、韓国では一年中おもちを食べます。これは日本と違いますね。

「떡국(トックク)」はとてもシンプルな味ですが、それは昔から変わらない伝統の味だからです。韓国に唐辛子が入る前から、あまり変わっていないかもしれません。そう考えながら食べると、シンプルだけど何か不思議なおいしさが感じられると思います。

目次

旧正月には「떡국(トックク)」を食べます。

日本でも、正月はお餅を食べますよね。韓国も同じです。昔々は、お餅は、正月くらいしか食べられない高価な物だったんですよね。

ブログ一覧