Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】小さい時から塾に通います。

韓国の暮らし(14)【教育・学校・受験】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】小さい時から塾に通います。

これは日本に住んでいる私の知り合いの韓国人の話です。今は旦那の仕事の都合で日本に住んでいて、子供は2人とも日本の幼稚園に通っています。上の子は4月から日本の小学校に入ります。

日本では、幼稚園の子に、あまりたくさん、あれこれ習わせることをしないので、自由に遊ばせているそうですが、韓国のママ友たちからは、「今のうちから何も習わせないでいて、韓国戻ってからどうするの」「うちの子は、もう九九もできるわよ」「うちはネイティブ講師に英会話を習わせているのよ」等々、韓国にいたら、自分もきっと、そうしていただろうことを言われるそうです。

日本では、親たちものんびりしていますが、もし韓国にいたら、子供に何を習わせるか、どこで習わせるか、あれこれ調べて通わせてと、親も大変です。このまま、日本でのんびりして、そのあと韓国に帰ったら、何も習い事をしていないうちの子はクラスで仲間はずれになるのではないか、それならこのまま韓国には帰りたくない、そんなことまで考えているそうです。

韓国には、日本のように「毎日はだし(맨발)で元気に遊ばせます」などという幼稚園はありません。もしあっても、遊んでばかりの幼稚園には誰も行かないから、すぐ、つぶれてしまいます。

それよりも、英語幼稚園なら、英語塾に行かせる必要がないので、少し高くても、結局、得だ(이득)と考える親も少なくないです。

韓国では、小さい時から子供向けの英語教室に通わせるのが一般的です。

日本も最近増えてきていますよね。

そして、勉強以外にも、運動をひとつ習わせることが多いです。男の子はテコンドー(태권도)を習う子が多いですが、女の子は、最近、ダンススクールに行く子が増えています。

韓国の塾や習い事などの「私教育(사교육)」競争は、とても激しいです。でも、そうやってお金をかけて、英語とかを身につけさせて、勉強も少しでも早く習っておかないと、クラスで後れをとるし、そうなるといい大学に入れないし、そうなるといい会社に入れなくて、結局、みすぼらしい生活しかできなくなります。

韓国人も、韓国の教育システムに問題があることはわかっています。でも、自分の子供だけに損(손해)をさせるわけにはいきません。そのため、アメリカなどの先進国へ移住する人も多いです。アメリカに移り住み、もし、アメリカ国籍(국적)になったとしても、心は韓国人です。日本のように、「その国に行ったら、その国の人になれ」という言葉はありません。どこに行っても韓国人の心を忘れてはいけないし、もし、それを忘れたら、韓国に帰れなくなります。

韓国を出て移民したがっている韓国人が多いというニュースが日本でも時々紹介(소개)されていますが、それは、韓国の教育システムに問題があるからで、韓国人が韓国人をやめたいわけではありません。

 

単語のおさらい


맨발 はだし
이득〔利得〕得
태권도〔跆拳道〕テコンドー
사교육〔私教育〕小学校、中学校、高校、大学以外の、塾や習い事など
손해〔損害〕損
손해를 보다 損をする
국적〔国籍〕
이민하다〔移民-〕移民する
소개하다〔紹介-〕紹介する

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

子供の私教育費が高すぎてプアになります。

目次

小さい時から塾に通います。

韓国では、幼稚園のころから、子供に何を習わせるか、どこで習わせるか、あれこれ調べて通わせてと、親も大変です。韓国には、日本のように「毎日はだしで元気に遊ばせます」などという幼稚園はありません。もしあっても、遊んでばかりの幼稚園には誰も行かないから、すぐ、つぶれてしまいます。それよりも、英語幼稚園なら、英語塾に行かせる必要がないので、少し高くても、結局、得だと考える親も少なくないです。韓国では、小さい時から子供向けの英語教室に通わせるのが一般的です。そして、勉強以外にも、運動をひとつ習わせることが多いです。男の子はテコンドーを習う子が多いですが、女の子は、最近、ダンススクールに行く子が増えています。韓国の「私教育(塾や習い事)」競争は、とても激しいです。でも、そうやってお金をかけて、英語とかを身につけさせて、勉強も少しでも早く習っておかないと、クラスで後れをとるし、そうなるといい大学に入れないし、そうなるといい会社に入れなくて、結局、みすぼらしい生活しかできなくなります。

ブログ一覧