Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国では、カラスは凶鳥です。

韓国の暮らし【ペット・動物・鳥】

韓国では、カラスは凶鳥です。

韓国人が日本に来てびっくりすることのひとつに、街の中にカラスがいっぱいいることがあります。東京にいる大きいカラスは、なんか怖いですし気持ち悪いです。

カラスは韓国では『凶鳥』です。とても縁起の悪い鳥です。ですから、昔、みんな殺してしまいました。今も山に行けばいますが、街中で見ることはありません。

韓国には、カラスについての物語があります。昔々、神様が、全ての鳥にきれいに羽を飾って集まるように言いました。そのとき、自分の羽に自信のないカラスは、他の鳥たちが落とした羽を、自分の羽の間にさしてカラフルに飾りました。しかし、神様の前で、カラスはずるをしたことがすぐばれて、罰として真っ黒にされてしまった、という、そんな物語があります。韓国では、カラスはずる賢いイメージの鳥です。

逆に、韓国で『吉鳥』は까치(カッチ・かささぎ)です。까치(かささぎ)は韓国の国鳥です。

韓国にはたくさんいて、ソウル市内でも見ることができます。でも、東京にはいませんね。日本でも九州北部にはいるそうですけど。

韓国では、凶鳥のカラスの鳴き声は、人が死ぬ知らせだと言い、吉鳥のカササギの鳴き声は、いい知らせだと言います。でも、もし、本当に、カラスの鳴き声が人の死の知らせなら、カラスがたくさんいる日本では、人がたくさん死んでしまっているはずですから、そんなのは、ただの迷信なのですが、韓国には、そんな話があります。

また、韓国には、蛙が鳴くと、雨が降るというのもありますが、これは、少し根拠があるかもしれませんね。日本でも同じでしょうか?

そして、韓国では、「耳がかゆい」と言うと、誰かが悪口を言っているからだと言います。ですので、しょっちゅう耳のかゆい私は、しょっちゅう悪口を言われていることになるのですが、とにかく、韓国では、耳がかゆい時は、行動に要注意です。

目次

韓国では、カラスは凶鳥です。カラスの鳴き声は、誰かの死の知らせです。

日本でも、最近は、カラスは嫌われ者になりましたが、韓国では、昔から嫌われ者です。カラスの鳴き声は、誰かの死の知らせです。ですので、カラスなぜ鳴くの♪ とか、カラスと一緒に帰りましょう♪ という日本の童謡は、理解ができません。

ブログ一覧