Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ベッドの上にテントを張って寝ています

韓国の暮らし【マンション・家】

ベッドの上にテントを張って寝ています

ご存知のように、韓国はオンドル(床暖房)の国です。冬でも家の中はオンドル(床暖房)のおかげで暖かく、日本に来ると家の中が寒いので、びっくりするほどでした。

しかし、韓国は、10年くらい前から光熱費が上がりました。電気代だけでなくガス代も上がっていて、オンドル(床暖房)を使うと、アパート(マンション)では、節約して使って1か月に40万ウォン、何も考えずに使うと70万ウォンくらいかかります。これでは、一般家庭では、とても使えません。そのため、オンドルは使わず、部屋の中に温水マットを敷いたり、また、窓に断熱材を貼ったりと

オンドルを使わずに、寒さをしのぐ工夫をするようになりました。

韓国では、단열뽁뽁이(断熱プチプチ)というものも発売され、値段は高いのですが、こちらも大人気です。

しかし、寝る時には、電気毛布などは使いますが、温水マットなどの暖房は切るのが普通です。ですから、部屋の空気が冷たいです。そこで、

ワンタッチ、暖房テント

部屋の中でテントを張って寝る人が増えました。たたむと小さくて、ワンタッチでテントになります。

家に帰って、夕食後は、すべてテントの中で過ごす子供たちも少なくないそうです。

また、ベッドの上にテントを張って寝る人も少なくありません。

実は、私の両親もそうです。余程寒くないとオンドル(床暖房)は使わず、テントの中で過ごしています。夜寝る時もテントの中です。見た目ほど、窮屈な感じはなく、けっこう快適だそうです。

でも、こうなると、韓国は、もう、オンドル(床暖房)の国とは言えないですね。

目次

冬は、ベッドの上にテントを張って、寒さをしのいで寝ています。

韓国では、光熱費がどんどん高くなり、オンドル(床暖房)があっても、使っていない家庭が増えています。宝の持ち腐れです。光熱費を節約するため、家の中にもテントを張って、その中で生活しています。

ブログ一覧