Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//子供の1歳の誕生日には盛大にパーティーを開きます

韓国の暮らし【赤ちゃん・子供】

子供の1歳の誕生日には盛大にパーティーを開きます

韓国では、子供の1歳の誕生日には、家族や親戚、友人などを招いて、大々的にパーティーを開きますが、これを「돌잔치(トルチャンチ)」と言います。「돌」は、「歳」のような意味で、ここでは初めての歳で1歳の意味、「잔치」は宴会、パーティーです。「돌」は、昔は「돍」と書いたのですが、今は石と同じ表記の「돌」 と書きます。

このようなパーティーは、専用の会場があります。飾りつけや招待客用のパイキング料理、カメラマンなどが全てセットになっています。盛大にやる人もいますし、簡単にやる人もいますが、韓国人なら必ずやります。だいたい100人とかを招待します。50人分の料理と、写真撮影、アルバムなどのセットが400万ウォンくらいで、あとは、料理一人分が3万ウォンくらいの追加料金です。招待された人は祝儀を払います。5万ウォンくらい出すのが普通です。

子供の1歳の誕生日パーティーは、結婚式ほど重要ではないですが、都合がつく限りみんな行きます。祝儀を払うのは後で自分がもらうためでもありますが、韓国の習慣ですから礼儀です。ですから、盛大にやっても、その分招待客が来れば、プラスマイナスで、プラスになります。

入口付近です。子供の写真がたくさん飾ってあります。

伝統スタイルのまん中にデコレーションケーキがあります。

とにかく写真をたくさん撮って、アルバムを作ります。

主役の子供は、何がなんだかわからず泣いてしまうことも多いです。


金のスプーンを必ず持たせます。

アルバム用の写真は、専用のスタジオで撮ったり、野外で撮ったりもします。全部パッケージでセットになっています。

写真は当然修整します。子供はそんなに修整しませんが、父親、母親はたくさん修整します。

この写真の夫婦は、私の弟夫婦なのですが、弟は、とても若くて肌のきれいな好青年になっています。

パーティーでは、子供の将来を占う돌잡이(トルチャビ)をします。돌잡이(トルチャビ)は、箱にいろいろな物(判事が使う木槌とか、糸とか、ボールとか)を入れて、そのどれを子供が取るかで、その子の未来を占うものです。「돌」は「満1歳」、「잡이」は「つかむ」の名詞形で「つかみ」です。

これは、昔のバージョンですが、この中から、子供にどれかひとつをつかませます。そして、その選んだ物によって子供の将来がわかるというものです。ノートを選んだら「学者」、お金を選んだら「お金持ち」、糸を選んだら「長生き」、筆やすずりを選んだら、今で言うと「公務員」、弓を選んだら、今で言うと「軍人」です。


最近は、選ばせる物がだいぶ変わって、聴診器を選んだら「医者」、木槌を選んだら「裁判官」、マイクを選んだら「歌手」、ゴルフボールを選んだら「ゴルフ(スポーツ)選手」というようになっています。돌잡이(トルチャビ)には、時代の流れや流行があります。ちなみに、主役の甥っ子は聴診器を選びました。将来有望です。

돌잡이(トルチャビ)以外には、特にイベントはありませんが、パーティー自体は、けっこう長い時間することが多いです。短くて3時間、長いときには、午前11時から午後6時までとかします。招待客は、都合のつく時間に行って、あいさつして食事をして帰ります。

目次

子供の1歳の誕生日には、盛大にパーティーを開きます。

韓国では、子供の1歳の誕生日には、盛大にパーティーを開く習慣があります。たくさんの人を招待します。子供の将来を占うトルチャビをしたりします。そして、とにかく写真をたくさん撮ってアルバムを作ります。

ブログ一覧