Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国では百日祝いをします

韓国の暮らし【赤ちゃん・子供】

韓国では百日祝いをします

韓国では、子供が生まれて백일(百日)目にお祝いをします。

昔は乳児死亡率が高く、生まれて百日以内に死んでしまう赤ちゃんが多かったためです。百日まで生き残ったら、あとはもう安心だとお祝いをしました。日本も同じだったみたいですけど。現代では、医療技術が進歩したため、乳児死亡率が下がり、百日祝いの意味は実際にはなくなったのですが、韓国では習慣として、今もお祝いをしています。

돌잔치(1歳の誕生日パーティー)のように、パーティー会場を借りてやることはあまりなくて、記念写真を撮ってアルバムを作るなど簡単にやることが多いです。

最近は、写真屋も、百日だけでなく、五十日とか、二百日とか1歳とか、成長を記録したアルバムをセットにしていることが多いです。ですから、アルバムを作るだけでも50万ウォン以上します。

韓国では、百日というのは、とても大事な日です。赤ちゃんが生まれて百日目のお祝いだけでなく、いろいろなところで百日目にお祝いをします。例えば『恋人と出会って(つきあいはじめて)百日目』、男性が、この日を忘れたら、韓国では即お別れです。

『結婚百日目』、男性が忘れて、何もプレゼントがなかったら大げんかになります。

『수능시험(大学入試)百日前』、「いよいよあと百日だ」と受験生はお互い声をかけてラストスパートです。

でも、百日目というのは、いちいちカレンダーで数えなければなりませんよね。面倒くさいし、数え間違えてしまうかもしれません。そのため、韓国では、スマートフォンに、彼女と会った日など、基準の日を入れると、百日目、二百日目、三百日目などの記念日の前日に、アラームで知らせてくれるアプリがあります。うっかり忘れたら大変ですから。

目次

韓国では、百日祝いをします。

赤ちゃんが生まれて100日目にお祝いをする習慣があります。それ以外にも、結婚100日とか、試験の前100日とか、100日という数字は、とても大事な数字です。

ブログ一覧