Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//大事な試験の日には、わかめスープは食べません

韓国の暮らし【行事・イベント・事件】

大事な試験の日には、わかめスープは食べません

韓国で、誕生日と言えば、わかめスープ(미역국)ですが、逆に、試験の日には、わかめスープは食べません。ワカメはぬるぬるしていて滑るからです。試験で滑らないよう食べません。日本でも、受験生の前で「すべる」は禁句ですよね。試験の日にわかめスープを食べないのは、本人だけでなく、両親や兄弟、あるいは、その受験生を応援している人も同じです。もちろん、そんな迷信を本気で信じている人はいませんが、でも、やっぱり、頑張っている受験生が近くにいると、気持ち的にそうなりますよね。

수능시험(修能試験)の日に休業する、有名なわかめスープのお店があります。

미역국(わかめスープ)

修能 休務 案内
受験生のみなさん 頑張って下さい!
全ての受験生の修能での爆発的ないい結果を祈って一日休みます。

有名店だからこそ、こんなしゃれたことができるのだと思いますが、元々、修能試験の当日は、毎年お客さんがちょっと少なかったそうです。

ところで、わかめスープと言えば、もうひとつ、韓国では、妊婦さんが子供を産むと、1ヶ月くらい毎日毎日わかめスープです。わかめが血液循環にいいため体の回復力を高め、そして、スープを飲むと母乳がたくさん出る、と昔から言われています。そのため、子供を産んだあと毎日わかめスープを食べ、もう二度とわかめスープは食べたくないと言う人もいるくらいです。

また、韓国では、妊娠すると、鶏肉や鴨肉、たこ、いかなどを食べません。鶏肉を食べると、生まれてくる子供が鳥肌になる鴨肉を食べると、子供の足が鴨の足のようになる、たこやいかを食べると、赤ちゃんがぐにゃぐにゃな変な形になるからです。これも本気で信じているわけではありませんが、でも、なんとなく、みんな気にしていますね。

そして、黒い物を食べると、赤ちゃんの肌が黒くなり、白い物を食べると、赤ちゃんの肌が白くなるという迷信もあって、韓国では、妊婦さんの食事はいろいろ制限が多いです。

目次

大事な試験の日には、わかめスープは食べません。

誕生日には、必ずわかめスープですが、試験の日には、絶対に食べません。理由は、わかめはぬるぬるで滑るからです。

ブログ一覧