Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//経済的に豊かになりましたが、生活の満足度が低いです

韓国の暮らし【社会問題・社会環境】

経済的に豊かになりましたが、生活の満足度が低いです

韓国は、経済的には成長しましたが、国民の感じる生活の満足度は低いままです。

少し前になりますが、OECD主要国の幸福度調査がありました。その調査では、36か国中27位でした。トップは、オーストラリア、2位はスウェーデン、3位はカナダで、そして、日本は、韓国より少し上の21位でした。

ただ、生活に対する満足度というのは、なかなかひとつの物差しでは測れません。このような調査は、インタビュー形式や設問形式ですが、何をもって幸せと感じるかは、国民性も出ます。たとえば、ブータンという国は、99%の国民が幸せと感じるそうですし、ある調査では、国民の生活への満足度は、イラクよりも低い結果になっているものもありました。判断基準が主観的なので、一律に測れない部分はありますが、とにかく、満足していない、不満だ、そんな人が、韓国にはとてもとても多いです。これは、韓国人の性格かもしれませんけど。

OECDの同じ調査で、韓国人は、所得や共同体に対しての満足度が低く、安全や教育、市民参与は、比較的、満足度が高いです。

韓国では、経済的に豊かになったとはいっても、持てる者と持てない者の差が大きくなっています。持てない人たちにとっては、生活の満足度は当然低いですよね。

そして、共同体の指数が極端に低いのは、韓国が、血縁を特に重視し、次に、出身校や出身地を重視するからです。調査の中で「助けが必要な時に、頼れる人がいる」と答えた人は、36か国中、下から3番目でした。家族や親戚から疎外されると、韓国では、本当に頼れる人がいなくなります。本当の意味で先進国になるために、これは変わらなければならない部分ですね。

目次

韓国は、経済的は発展して豊かになったはずなのに、生活満足度は低いです。

経済的に豊かになったはずなのに、韓国人の生活満足度は、低いです。韓国人の性格かもしれませんが、OECD加盟国の中でも、かなり低いほうです。

ブログ一覧