Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//先行教育が当たり前です

韓国の暮らし

先行教育が当たり前です

韓国の高校生は、夜遅くまで학원(学院・塾・予備校)で勉強して、

塾のスクールバスで帰宅します。



韓国の高校では、大学受験のために、

高校1年生の副教材が、수능특강(修能特講)というように、

高校3年までの学習を済ませていないとできないような、

そんな授業が当たり前です。

 

テストの成績順も、校内に貼り出されます。

 

また、韓国では、高校から大学に入る時にも、内申があります。

高校の成績が、大学受験に大きく影響します。

そのため、皆、塾に通って、学校で習うよりも先に、前もって、学習をしておきます。

それを、선행학습(先行学習)と言います。

 

この선행학습(先行学習)が、

塾や家庭教師といった사교육(私教育)熱を煽っているとして、

公教育機関での선행학습(先行学習)が法律で禁止されました。



↑ 先行教育禁止 … 学院(塾・予備校)は無風地帯?

 

韓国では、小学校入学前にハングルは全部読めるようにしますし、

九九も全部言えるようにします。

これも선행학습(先行学習)です。

 

韓国では、成績優秀者には、いろいろな特典・恩恵があります。

例えば、大学でも、奨学金がもらえるのは、成績優秀者です。

日本のように、家が貧しい学生ではありません。

皆、テストで1点も多く取れるように、必死にならざるを得ません。

目次

韓国では、大学に入るにも、内申があります。

韓国では、高校の成績などが、大学に入るのに、大きな影響があるので、高校で、少しでもいい成績を取れるよう、塾などで勉強するのが当たり前です。

ブログ一覧