Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//受験生たちには、親の期待も大きいです

韓国の暮らし

受験生たちには、親の期待も大きいです

韓国では、選択肢のある試験を「객관식(客観式)」といい、

選択肢のない試験を「주관식(主観式)」といいます。

 

大学受験の共通テストである

「수능시험(修能試験)」〔대학수학능력시험(大学修学能力試験)〕は

マークシートですから客観式です。

 

ですから、数学も「四択」です。

日本のように記述式はありません。

それで全てが決まります。

 

「수능시험(修能試験)」の「고시장(考試場 試験場)」には、

同じ高校の先輩たちを応援に来た後輩たちの姿が見られます。



プラカードを持ってきて、応援することが多いですね。

 

受験生は、試験会場まで、ひとりで来たり、友達同士で来る人も多いですが、

家族がついて来ることも一般的です。

 

受験生が、親の期待を一身に背負っていることが多いです。

お父さんが息子の肩をたたいています。↓



付き添いで来た家族は、試験会場には入れません。

でも、うちには帰らず、

試験が終わるまで、試験会場の外で必死に祈る姿が見られます。



試験会場で祈らず、普段通っている教会や寺で祈ったり、

ご利益があると言われる場所で祈る人も多く、

何も祈らない親はいないと言ってもいいほどです。

 

受験生には、すごいプレッシャーです。

試験中に倒れる人も出ますし、

あまりのプレッシャーに自殺する高校生も出ます。

 

韓国では自殺がどんどん増えていて、

自殺率アジアナンバーワンだった日本をだいぶ前に追い抜きました。

不景気などもその原因ですが…。

 

韓国人も韓国の教育システムは問題があると思っています。

問題ないと思っている人は誰もいないと思います。

でも、変わりません。

 

そんな韓国の教育システムに嫌気がさして、

いっそアメリカなどへ移民してしまおうという人も少なくありません。

 

移民をあっせんする業者もたくさんあります。

 

目次

韓国の受験生たちには、親の期待も大きいです。

韓国の受験生たちは、親の期待も背負っています。ものすごい重圧がかかります。そのため、試験中に倒れてしまったり、自殺してしまう受験生もいます。

ブログ一覧