Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国人は、皆「住民登録証」を持っています。

韓国の暮らし【生活習慣・一般常識】

韓国人は、皆「住民登録証」を持っています。

韓国人は、みんな『주민등록증(住民登録証)』を持っています。『주민등록증(住民登録証)』は身分証です。これは、韓国人なら16歳になったら必ず作ります。『住民登録証』には「住民登録番号」があります。番号の最初の6桁は誕生日です。

このキャラクターは、1983年4月22日なので「830422」です。

後ろの7桁のうち、最初の1は男性、2は女性です。3は2000年以降に生まれた男性、4は同じく女性、5は外国人男性、6は外国人女性です。このキャラクターは「1」なので男性ですね。

「住民登録番号」は大事な個人情報です。韓国では何をするにも「住民登録番号」が必要です。逆に言うと「住民登録番号」がないと何もできません。銀行で口座を開く時も、携帯電話を買う時も、インターネットのサイトで会員登録をする時も、この「住民登録番号」が必要です。

韓国人は「ヤフー」や「ホットメール」などは使いません。誰でも匿名で会員になれるからです。「naver(ネイバー)」や「daum(ダウム)」などを使います。そのため、結局「ヤフー」は韓国から撤退しました。韓国オリジナルのものは、みんな「住民登録番号」を入れるため、匿名での会員登録が難しいので安心です。

そんな韓国人が日本に来て、日本人は「身分証」がないことを知ると、とても驚きます。どうやって身分を証明するのか、不思議に思います。

目次

韓国人は、皆、住民登録証を持っています。

韓国では、16歳になると、住民登録証を作ります。これは身分証明書で、指紋も登録します。韓国人には当たり前のことなのですが、日本では、免許証がない人は、身分証明書が基本的にないと聞いて、とてもびっくりします。

ブログ一覧