Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//どじょう鍋も犬肉鍋もスタミナ食です。

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

どじょう鍋も犬肉鍋もスタミナ食です。

日本人はあまり食べないみたいですが、韓国人は「미꾸라지(どじょう)」を食べます。

食べ方は、추어탕(鰍魚湯)という「どじょう鍋」です。

「どじょう」をすりつぶしてスープに入れるので「どじょう」が丸々の形で入っているわけではありません。中には、丸々で入っている店もあるようですけど、一般的には、骨をすりつぶして食べやすくします。「どじょう」は、カルシュームが豊富で、たんぱく質やビタミン、アミノ酸も豊富に含まれています。成人病の予防にもいいそうです。

韓国では、추어탕(鰍魚湯)のような栄養食を보양식(保養食)と言います。日本で言うスタミナ食みたいなもので、体が疲れて元気がないときに、元気をつけるために食べます。皆さんもよくご存じの삼계탕(参鶏湯)も保養食のひとつですし、うなぎも곰탕(コムタン)も、そして、犬肉鍋も、みんな保養食です。

추어탕(鰍魚湯)は秋の保養食と言われています。好きな人は本当に好きで、よく食べるみたいです。私の父も好きで、よく母が作っていました。味は、見た目よりさっぱりしていて、おいしいです。삼계탕(参鶏湯)ほどポピュラーではありませんが、日本の「うなぎ」くらいはポピュラーな料理です。

新大久保でも、추어탕(鰍魚湯)が食べられるお店があります。チャムナム(참나무)という店です。(この店で食べたことはないですけど)他にもあるかもしれませんが、私はここしか知りません。

青い×付近にあります。

日本人で頼む人がいるように思いませんが、メニューにちゃんと入っています。


また、犬肉の鍋は보신탕(補身湯)と言います。

これも보양식(保養食)のひとつで、日本の「うなぎ」のようなスタミナ食です。病み上がりなど、体に元気がない時、これを食べると元気になると言われています。栄養分の消化吸収がとてもいいのだとか。

でも、女の人はあまり食べません。おじさんたちに好きな人が多いですが、最近は、食べる人が減っているようです。犬肉には臭みがあるので、生姜やエゴマ、あるいは香辛料などで臭いを消しつつ、おいしいスープにします。そのため、地域によっても店によっても、スープの味はさまざまです。

新大久保にも보신탕(補身湯)の看板を上げている店がありましたが、2011年ころにつぶれました。上の地図の赤い×付近にありました。つぶれたあとも、しばらくメニューだけが色あせて残っていました。

スタミナ特選料理
① 補身湯 보신탕
(大) ¥ 10,000
(小) ¥ 5、000

2011年の東日本大震災の前と後で、新大久保は大きく変わりました。福島の原子力発電所の放射能漏れを心配して、東京に住んでいる韓国人は、皆、帰国しました。今も、当時のようには戻っていません。

代わりに、日本人がたくさん来るようになりました。新大久保のお店も、韓国人相手から日本人相手に変わりました。そんな中で、韓国人向けのメニューやお店は、どんどんなくなりました。

目次

どじょう鍋も、犬肉鍋も、スタミナ料理です。

日本人は、あまり食べないみたいですが、韓国人は、どじょう鍋をよく食べます。さっぱりしていておいしいです。犬肉鍋は、おじさんたちに好きな人が多いですが、最近は、少なくなっています。どじょう鍋は、新大久保でも食べられます。犬肉鍋は、以前は食べられましたが、今は、お店がつぶれてしまいました。

ブログ一覧