Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//20代30代の若者たちに、マンション投資が流行です

ブログ

20代30代の若者たちに、マンション投資が流行です

韓国では物価が年々上がっています。

例えば、ソウルの市内バスの料金ですが、
1988年のソウルオリンピックの頃は150ウォンでした。

それが今では、1200ウォン(交通カード使用で1100ウォン)です。

30年の間に、7~8倍になった計算です。

でも、給料のほうは、そこまで上がってない感じで、
庶民の生活は年々苦しくなっていると言われています。

そのため、韓国では「財テク」がとても大事です。

「財テク」は「재테크(ジェーテク)」と言います。
「재」は「財」、「테크」は「テク」です。
「変な日本語」(?)がそのまま入りました。

「財テク」にもいろいろありますが、その代表格がマンション投資です。

韓国では、分譲マンションは購入後に価値が上がります。
「아파트(アパート)」と呼ばれる高層マンションも

「빌라(ビラ)」と呼ばれる低層のマンションも、

いい場所のいいマンションを購入できれば、あとで値上がりします。

普通は、値上がりしたら売って、もっと広いマンションに引っ越します。
そして、また値上がりを待ちます。

お金に余裕があれば、マンションをいくつも買って、
とりあえず賃貸で貸しておいて、値段が上がったところで売ります。

でも、必ずしも値段が上がるわけではないし、
このごろは景気が悪く、マンションの値段が下がることもあります。

そのため、値段が上がりそうなマンションを買うのが「財テク」の能力です。

最近は、20代30代の若者[2030と言います]たちが、
まず頑張って頭金を1億ウォンくらい作って、
そして、銀行から1億5千万ウォンくらい借りて、
投資目的でマンションを買うのが、流行しています。

会社員たちの投資と言えば、株式投資が一般的でしたが、
株式投資は、結局、損をする可能性が高いです。
私の周りにも、株で損をした人、たくさんいます。

それに比べると、マンション投資は、確実性が高いです。

日本では物価が安定していて、
買ったマンションの値段が上がるなんて、そうそうありませんよね。

ですから、日本に来たばかりの韓国人は、
「せっかく買ったマンションの値段が上がらないのでは、
日本人は一体どうやって財産を増やすのか」と不思議に思います。

ブログ一覧