Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国のお店のお粥は、お粥ではなく雑炊です。

新大久保の話

韓国のお店のお粥は、お粥ではなく雑炊です。

新大久保の韓国料理屋で、メニューに「おかゆ」と書いてあるのを
見たことはありませんか?
専門店もあるくらいですが、あれは、「おかゆ」ではなく「雑炊」です。

韓国語では、おかゆも雑炊も「죽」なので、
たぶんよくわからないで、おかゆと書いたんだと思います。

日本では、お粥じゃ病人が食べるイメージですよね。
ちゃんと雑炊と書けばもっと人気が出ると思うのに…。

私も죽は好きで、特に전복죽(あわび雑炊)が大好きです。

新大久保にも、韓国죽のチェーン店があります。
新大久保駅を出て、すぐ左に行き、パチンコ屋の角を左に入って少し行ったところと、
大久保通りを右に行った、明治通り近くにあります。
本粥(본죽)と言います。


以前、急に전복죽(あわび雑炊)が食べたくなって、店まで行ったのですが、
1500円と聞いて、そのまま帰ってきました。

あわびが高いので、전복죽(あわび雑炊)は韓国でも高いですが、
雑炊に1500円は払えませんでした。

今では、特選と名前がついて、1700円もします。

でも、お持ち帰りだと少し安くて、1200円です。


おかゆだけだと厳しいのか、ラテを全面に出してました。
飲み物は利益率高いですから、新大久保では、どの店も頑張ります。


とにかくとにかく、韓国雑炊、おすすめです。
新大久保は高いので、韓国へ行った時に、ぜひ食べてみてください。
おいしいですよ。

ちなみに、韓国人は、インスタントでも、韓国雑炊、けっこう食べます。

目次

  • ○  

ブログ一覧