Column コラム

Column

HOME//コラム//新大久保のお店の죽(チュク)は雑炊、韓国語ではお粥も雑炊も죽(チュク)

新大久保の話【入門ガイド・お店・送金・駐車場】

新大久保のお店の죽(チュク)は雑炊、韓国語ではお粥も雑炊も죽(チュク)

投稿日:2019年11月10日 | 最終更新日:2024年2月9日

韓国語ではお粥も雑炊も同じ죽(チュク)なので、お店のチュクをお粥と言っていますが雑炊です。雑炊と言ったほうが日本人にはイメージいいと思うのですけど、なぜかお粥と言っています。
新大久保にも「お粥(チュク)」のお店がありますが雑炊です。お粥ではありません。

目次 ▼

1 新大久保の韓国料理屋にはメニューに「おかゆ」がある所がある

「おかゆ」ではなく「雑炊」

韓国語ではおかゆも雑炊も「チュク(죽)」なので、たぶんよくわからないでおかゆと書いたんだと思います。日本ではお粥は病人が食べるイメージですよね。ちゃんと雑炊と書けばもっと人気が出ると思うのに…。韓国雑炊。

2 私も「チュク(죽)」は好き

新大久保にも「チュク(죽)」のチェーン店があります。新大久保駅を出て左に行き、パチンコ屋の角を左に入って少し行ったところで、本粥(본죽・ポンジュク)と言います。

新大久保の「チュク(죽)」はやや高め

以前、急にあわび雑炊(전복죽)が食べたくなって店まで行ったのですが、1,500円と聞いてちょっとびっくりしました。あわびが高いのであわび雑炊(전복죽)は韓国でも高いですが、雑炊が1,500円もするなんて! 今では特選と名前がついて1,700円もします。
チュク(죽)はもっと気軽に食べられるものなんですけど。

どのお店もドリンクを全面に出している

飲み物は利益率高いですから、新大久保ではどの店もドリンク頑張ります。

韓国雑炊はおすすめ

新大久保でもいいですし、韓国へ行った時にぜひ食べてみてください。おいしいですよ。

3 韓国人はインスタントでも韓国雑炊を食べる

インスタントはやっぱりインスタント

インスタントの味しかしません。

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。