Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//刺身屋では、つき出しがたくさん出るのがいいサービスです

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

刺身屋では、つき出しがたくさん出るのがいいサービスです

日本で、韓国料理と言えば焼肉のイメージですが、韓国人もさしみを食べます。韓国には、さしみ屋もたくさんあります。韓国のさしみ屋へ行くと、まず「つき出し(쯔끼다시)」と呼ばれる前菜が出ます。「つき出し」は日本語から来た韓国語です。日本では、座席チャージの意味があるみたいですが、韓国では、その意味はありません。「つき出し」には焼き魚(さんまなど)やコーンバターやサラダなどとにかくたくさん出るのがサービスです。漁港近くのさしみ屋へ行くと「つき出したくさんサービスするよ」と呼び込みしています。でも、あんまりたくさん食べると、つき出しだけでおなかいっぱいになってしまいます。

つき出しがずらりと並んでいます。この店はサービスがとてもいいです。メインのさしみは、このあと出てきます。

韓国では、さしみもサンチュにまいて、お酢(초)を混ぜた고추장、초고추장(チョコチュジャン)で食べます。そして、最後にメウンタンです。メウンタン(매운탕)は、매운(맵다の連体形)辛い탕(スープ)です。

さしみに使った魚の残り部分を入れたスープで、魚の頭ごと入れます。これがだしになり、絶品なんです。色は真っ赤っかですが、見かけほどは辛くないです。ぜひぜひ食べてみてください。私が、韓国料理で一番好きなものが、このメウンタンです。

目次

刺身屋では、突出しがたくさん出てくる店がサービスのいい店です。

つき出しというのは、刺身屋などで出てくる前菜のことです。サービスのいい店だと、つき出しが30種類くらい出てきて、メインの刺身を食べる前に、お腹がいっぱいになります。

ブログ一覧