Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//同じ病院に院長が2人も3人もいます

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

同じ病院に院長が2人も3人もいます

韓国では、総合病院を병원(病院)と言い、町中の個人病院を의원(医院)と言って区別します。日本も、本当はそうみたいですが、一般的な会話では全部病院と言っていますよね。

韓国では、의원(医院)に行くと원장(院長)がたくさんいることがあります。

医院に入ったところに医者の経歴紹介が並んでいますが3人とも원장(院長)です。



この医院は体外受精専門の産婦人科なのですが、3人は、以前勤めていた病院からいっしょに独立しました。医者が、大学病院などから独立して、個人の医院を設立することはよくありますが、病院は設備費用などが高額なので1人で全額負担するのはとても大変です。といって、設備の費用を削ると顧客である患者が来てくれません。病院は、医者も大事ですが最新設備も大事です。

また、1人でスタートするより、3人でスタートすれば、はじめから、ある程度の顧客数が見込めるので、受付や看護師などのスタッフを雇う費用も割り勘できて、お得ですし、ある程度名前の知られた3人の名前を看板にすれば信用度も増します。

しかし、いっしょに設立するのに、誰かを院長にして、残りが副院長となると、新規の患者が来た時、院長を指名する確立が高いので、医者の間で不公平が生じます。そのため、공동원장(共同院長)といって、2人とか3人とかが全員院長ということが韓国では普通にあります。共同院長というのは、韓国人が見ると合理的なシステムなのですが、外国人には不思議なシステムみたいですね。

目次

同じ病院に、院長が2人も3人もいます。

病院の院長と言えば、その病院の責任者で1人だけと考えるかもしれませんが、韓国では、院長が2人も3人もいることがよくあります。

ブログ一覧