Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国では「針」もポピュラーです。

韓国の暮らし(16)【漢方薬・鍼(針)】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国では「針」もポピュラーです。

韓国の「漢医院/韓医院(한의원)」には「針/鍼(침)」もあります。韓国人で「漢薬/韓薬(한약)」にお世話になったことがない人はいません。でも、鍼はやったことない人も多いです。なんか怖そうですよね。

でも、日本よりは、やったことある人はずっと多いです。

私も怖そうで、30歳くらいまで、やったことがなかったのですが、ある時、右肩(어깨)が痛くて痛くて腕(팔)が上がらなくなりました。仕事をするのも困るので、母に連れられて仕方なく「漢医院/韓医院」に行きました。「漢医院/韓医院」には「漢医師/韓医師(한의사)」がいますが、「漢医師/韓医師」が、太い針を右肩に刺しました(찌르다)。びっくりしましたが不思議と痛くなかったです。そして、痛くない左肩にも刺しました。「左は大丈夫です」と言うと、「左右均等にやらなきゃだめなんだ」と言われ、とにかくじっとしていました。

そして、針を抜いたあと、「漢医師/韓医師」に「腕を上げてみて」と言われました。無理だと思いながら、そ~っと腕を上げてみると、不思議なことに、ぜんぜん痛みを感じずに上げることができました。本当にびっくりでした。

今は鍼を信じています。日本にも鍼はありますし漢方薬もありますが、韓国に何度も行っている人だったら、「漢医院/韓医院」に一度行ってみるといいと思います。タイに行ったら、タイマッサージを必ず受ける人もいるし、台湾に行ったら足裏マッサージを受ける人も多いです。韓国行って「漢医院/韓医院」に行ってもいいんじゃないですか?

もし、体の調子が悪くて「今度の旅行はどうしようかな」と思ったら、迷わず韓国行って、空港から「漢医院/韓医院」に直行してください。鍼と漢方薬で元気になって帰れるはずです。

 

単語のおさらい


한의원〔漢医院/韓医院〕鍼や漢方薬などを扱う東洋医学の病院
침〔針/鍼〕 東洋医学の鍼
한약〔漢薬/韓薬〕漢方薬
어깨 肩
팔 八、腕
한의사〔漢医師/韓医師〕東洋医学の医師
찌르다    刺す(르変則動詞)

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

韓医院では診脈を取ります。

目次

韓国では、「針(鍼)」もポピュラーです。

日本では、針(鍼)は、お年寄りがやるというイメージですが、韓国では、若い人もやります。日本よりも、ずっと身近な存在です。

ブログ一覧