Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//結婚が決まったあとに、派手なプロポーズをします

韓国の暮らし

結婚が決まったあとに、派手なプロポーズをします

韓国では、10年くらい前から、ドラマの影響もあって、
派手なプロポーズが当たり前になりました。

プロポーズを演出してくれるおしゃれなレストランやカフェもたくさんあります。


プロポーズに「スクリーン」と「風船」は定番です。



プロポーズ用の「のぼり」もインターネットで簡単に注文できます。
ハングルちゃんのブログ

自分の部屋を飾ったり、レストランなどの個室を飾ったり、
あるいは、映画館で映画が始まる前の広告にプロポーズを出したり、
街中のオーロラビジョンにプロポーズを出したり、



ウォータースクリーンに映し出したりと、年々派手になっているようです。



 

そのせいか、プロポーズ演出を手伝ってくれる会社もたくさんあって、
プロポーズがひとつのマーケットに成長しています。

でも、多くの場合、韓国では、結婚も決まり、式の日程も決まった後で、
派手なプロポーズを行います。

ですから、本来のプロポーズの意味はなく、記念のサプライズ演出という感じです。
でも、されたほうはうれしいですよね。

ですので、韓国人に「プロポーズの言葉は何でしたか?」と聞いたら、
この「イベントのプロポーズの言葉」を答えるのが普通です。

もし「仕事が忙しくてなかなか会えないし、結婚していっしょに住まない?」
と言って結婚が決まったとしても、
それは「プロポーズの言葉」とは言いません。

あくまでも、結婚を決めた後の派手なイベントプロポーズで、
例えば「僕と結婚してくれませんか? 一生君のことを幸せにします」と
花を持って演出したときの言葉が「プロポーズの言葉」です。

目次

結婚が正式に決まったあとに、派手なプロポーズをします。

韓国では、派手な演出のプロポーズをするのが一般的になりました。ドラマでもやってますね。でも、プロポーズの意味が日本とちょっと違います。

ブログ一覧