Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//おかずはお代わり自由って、何が食べ放題?

新大久保の話【基本知識・お店】

おかずはお代わり自由って、何が食べ放題?

韓国料理の店に行くと、「おかず」という言葉を、よく聞くと思います。

韓国料理で「おかず」は、何でしょうか?
どれが「おかず」かわかりますか?


答えは、左に並ぶ、白い小さいお皿の料理がすべて「おかず」で、メイン料理のプルコギは、おかずではありません。

韓国料理で「おかず」というのは、副菜のことです。具体的には、キムチとかナムルとかそういうものです。

↑」
「おかず4品」とありますが、これで日本人はわかるのでしょうか?

この「おかず」は、韓国語で반찬と言います。辞書に「おかず」と出ているため、皆、おかずと言っていますが、ちょっと変な日本語ですよね。

新大久保には、『おかずお代わり自由』のお店があります。最近は、セルフサービスのお店も増えていますね。

韓国では、おかず(반찬)のお代わりは、基本自由です。ですので、お代わり自由だから「サービスがいい!」と感動しないでください。韓国では、それが普通です。ちゃんと料金に入っています。

でも、新大久保では「お代わり自由」は少なくなってしまいました。それどころか、「おかず(반찬)」自体が、はじめから有料のお店が多いですよね。メニューでキムチ500円とか見ると、びっくりします。

それが日本式だから、どの店もそうするみたいですが、私は、ちょっと気分悪いです。特に、前は無料だったのに、日本人がたくさん来るようになって、急に有料にしたお店とか、そういうお店は、二度と行きたくなくなります。

目次

おかずはお代わり自由って、何が食べ放題?

韓国のお店でおかずと言われているのは、副菜、小皿料理のことで、決してメインの料理ではありません。

ブログ一覧