Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//新大久保基本情報4                  ホットク、ハットグ編

新大久保の話

新大久保基本情報4                  ホットク、ハットグ編

ホットク(호떡)と言えば、手軽に食べられる、屋台のお菓子です。



韓国では、冬になると、ホットクの屋台が出てきます。

韓国では、暑い夏に熱いホットクを食べる人はいません。

 

ですので、韓国人が、新大久保に来ると、夏でもホットクを売っているので、

ちょっとびっくりします。

 

韓国では屋台でひとつ1000ウォンくらいです。

このごろは上がったかな?

 

安いので、小学生や中学生などの買い食いお菓子です。

もちろん大人も食べますが。

 

作り方は簡単です。誰でも作れます。

ホットクの中には、黒砂糖が入ります。

はちみつと書いてあっても、蜂蜜は入っていません。

あれは黒砂糖です。

 

韓国では、甘いことを強調する時に、「蜜(꿀)」と言います。

例えば、「とても甘いりんご」を「蜜りんご(꿀사과)」と言ったりします。

 

そして「とても甘いホットク」を「蜜ホットク(꿀호떡)」と言うのですが、

日本では、それを訳して「はちみつ」と言ってるだけです。
ひとつ250円のホットクに、本当にはちみつを入れたら、利益が出ません。

そして、テレビに出た有名店!という宣伝のあるホットク屋もありますが、

どこも味は普通です。

 

韓国人から見ると、なんでこれでテレビに出られるのか理解できません。

 

大久保通りの人気ホットク屋のひとつは、

新大久保に日本人がたくさん来るようになる前は、アクセサリー屋でした。

 

でも、アクセサリーが売れないので、ホットク屋になりました。

もちろん、店のご主人さんは同じです。

 

ホットク屋になって3か月くらいで、

おいしいホットク屋としてテレビに紹介されました。

 

別にツテやコネで出たわけではないそうです。



いつもすごい並んでいます。

最近、公園通りにも、2号店が出ました。



ここのご主人さんは、韓国のテレビにも出ました。

 

元手もなく、技術もなく、新大久保で大成功した人、

言葉は悪いですが、新大久保成金の代表として、韓国で有名になりました。

 

新大久保は、そんな一攫千金を狙うホットク屋が、一時、あちこちにできましたが、

最近は、みんなハットグ屋に変わりました。

 

ハットグ、意味、わかりますか?

 

HOT DOG を韓国式に読んで、핫도그 です。

日本語読みすると、ホットドッグですが、

日本のホットドッグは、

韓国では、아메리칸핫도그(アメリカンホットドッグ)とか、

미국식핫도그(アメリカ式ホットドッグ)とか言います。

 

韓国のハットグは、日本のアメリカンドッグです。

日本と韓国で、名前が逆になっている感じです。

 

韓国でも、昔から、ハットグはあるのですが、

今、流行のハットグは、ただのハットグではなく、

모짤렐라핫도그(モッツァレラハットグ)ですよね。

 

모짤렐라チーズを使っているので、ぴよーんと伸びます。

それが、韓国でも、特に子供たちの間で、人気です。




子供のおやつ用に、冷凍も売ってます。

 

そんな流行のモッツァレラハットグ、新大久保のあちこちで売っていますよね。

 

ハングルちゃんの入っているビルの1階食堂も、

流行に乗り遅れまいと改造して、ハットグ売場を作りました。


また、イケメン通り沿いのトンちゃんビルの前には、

레인보우핫도그(レインボーハットグ)の店がオープンしました。


でも、레인보우핫도그(レインボーハットグ)なんて、聞いたことないです。

 

韓国に住む友人たちに聞いてみましたが、誰も知りません。

韓国で大人気って、どこで大人気なのでしょうか?

 

でも、みなさん、ハッドグを食べたら、ちゃんとゴミ箱に捨てましょうね。

 

ハットグのおかげなのか、

新大久保には最近、日本人がたくさん来ますが、

ゴミはあちこちに捨てるし、マナーのない人が増えています。

新大久保は、汚い街になってきました。



その辺に座って食べて、そのままゴミを捨てて行く人が、とても多くて、

ビルの管理人が大怒りです。

 

そんな、大人気のモッツァレラハットグですが、

新大久保では、店によっては、ホットドッグと書いてあります。




でも、コンビニでも、ハットグが登場したので、

日本では、ハットグという新しい食べ物、

そんな位置づけで決まったようですね。

目次

新大久保のホツトク、ハツドグ情報です。

新大久保のホットク屋、ハットグ屋についての話です。韓国で紹介されたお店もありますが、紹介された理由は、おいしいからではありません。

ブログ一覧