Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//結婚式のあとペベクをします

韓国の暮らし

結婚式のあとペベクをします

結婚式の写真撮影が終わると、패백(ペベク・幣帛)をします。
結婚式場には必ず패백(ペベク)室があります。

新郎と新婦は、韓国伝統服の한복(ハンボク・韓服)に着替えます。



ここであいさつしています。

新郎の両親やおじさん、おばさんにあいさつをします。
おじさん、おばさんたちは、패백(ペベク)費を封筒に入れて、
新郎新婦に渡します。

元々패백(ペベク)は、新郎側だけにあいさつしますが、
最近は新郎側だけにするのはおかしいという人が増えて
新婦側の両親やおじさん、おばさんたちにも
あいさつすることが多くなっています。

次に、新郎のお母さんが대추(なつめ)や밤(栗)を
新婦のスカートめがけて放ります。

それを新婦がスカートで受けた数だけ、子供が生まれると言います。

そのあと、2人でお酒を少し飲みます。


そして、最後に、新郎が新婦をおぶって패백(ペベク)室を回ります。

このとき、大きく丸を描くように回ると、
広い家に住んで、財産も大きくなると言います。


とにかく写真をいっぱい撮って30分くらいで終わります

目次

結婚式のあと、韓国伝統服にも着替えて、写真を撮ります。

韓国では、結婚式のあと、伝統服に着替えて、両家にあいさつをします。最近は、簡素化していますが、写真を撮るためにも、これは必須です。

ブログ一覧