Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//結婚式は、収支プラスです。やらなきゃ損です。

韓国の暮らし

結婚式は、収支プラスです。やらなきゃ損です。

韓国の結婚式ですが、まず、費用のお話をします。

韓国では、費用は、新郎側、新婦側がそれぞれ別々に出します。
式場自体は200万ウォンくらいで、これを半々で出します。
最近は、もっと高いかな?



これは、ちょっといい感じです。



これはかなりいい感じですから、高いです。

結婚式は、だいたい結婚式場でしますが、お金持ちはホテルを借ります。
ですので、ホテルで結婚式というと、お金あるんだなあ、と分かります。

また、教会(プロテスタントやカトリック)に熱心に通っている人は教会でします。
教会なら、式場代はかかりません。


式場代のほかに、ウェディングドレスを借りたり、カメラマンを雇ったりすると別料金です。

そして、結婚式のあとには、来てくれた人に食事を振舞います。
結婚式場には、みんな「食堂」がついていて、
だいたい갈비탕(カルビタン)か부페(ブペ・パイキング)です。
この料理代が1人当たり3万ウォンくらいで、料理代は食べた人数分をあとで払います。

そのため、結婚式に行って祝儀を渡すと「食券」をくれます。
この「食券」の枚数分を最後に清算するシステムです。

「食券」は、新郎側と新婦側で別々に出しますから、
式がすべて終わってからの清算金額には差が出ます。
例えば、新郎側(あるいは新婦側)に200人が来たとすると、
式場代が200万ウォンの半分で100万ウォン、
ここに200人×3万ウォンの食事代で600万ウォン、
合計700万ウォンを最後に式場で清算します。

でも、200人が来れば、祝儀が1700万ウォンくらいは集まります。

祝儀の相場は、会社の同僚なら3万ウォンか5万ウォン、
親しい間柄なら、5万ウォンか7万ウォン、
親戚とかなら10万ウォンとかもっと払います。
ですので、最終的には、1000万ウォンくらいはプラスになるんです。

結婚する主役の2人はお金のことはあまり気にしていませんが、
両親はやっぱり気になるようです。

また、新郎側と新婦側とどちらがたくさん来たかとかも、気にしていますね。

韓国では、結婚式をするのは当たり前です。
もし、「結婚式はしない」なんて言うと、両親は、
今まであちこちの結婚式に行って、たくさん払った祝儀が回収できないじゃない、
と怒ります。

目次

韓国では、結婚式は収支がプラスです。やらなきゃ損です。

日本と韓国の結婚式の違いについてお話しします。似ているようで、だいぶ違いますね。

ブログ一覧